2008年03月19日

黒田孝高

黒田孝高(1546年-1604年):小寺家臣 キリシタン大名 洗礼名「ドン・シメオン」
第14代姫路城主
1567年姫路城主に、在位期間約3年
通称名「官兵衛」
黒田職隆の子

エピソード
姫路城で生まれた唯一の姫路城主
その為か、姫路市民は親しみを込めて「官兵衛さん」と呼ぶ事が多い

「黒田節(黒田武士)」(♪酒は飲め飲め、飲むならば♪)
で名高い 母里太兵衛は(民謡「黒田節」のモデルと言われている)
黒田官兵衛と子の黒田長政の家臣 黒田24騎の一人

参考書籍
「姫路観光文化字典」(姫路観光文化検定テキスト)初版

参考資料
「姫路城基礎ゼミナール」

同じカテゴリー(城主)の記事画像
姫路城主と徳川将軍家
同じカテゴリー(城主)の記事
 姫路城主と徳川将軍家 (2008-07-24 15:46)
 榊原政岑 (2008-03-25 14:56)
 池田輝政 (2008-03-19 11:35)
 酒井忠績が気になる! (2008-03-03 15:44)
 【姫路城城主 一覧】 (2007-07-10 17:23)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。